読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうでもいい君と僕の感受性

好きな人は好きな何かを雑に紹介。アニメ、映画・漫画・小説等。音楽も

【001】Raein「Il N'y A Pas De Orchestre」

イタリアのバンド。

2003年作品、レーベルはApe Must Not Kill Ape, React With Protest

 

乾きつつも歪んだギター、攻撃的なドラム、叫ぶボーカル

その後多くのフォロワーを排出したバンドのアルバム2枚目

 

01「The Tree」

オープンハイハットのカウントからバンドイン、同時にシャウトのお手本のような展開。

ギターの攻撃的なスライド印象的だ。

静寂と爆発を繰り返し、繰り返しの展開はない。

 

02「The King Is Dead」

03「From 3 To 1 In 2 and 4」

印象的なイントロ、その後リズムが変化して限界まで激しく。

 

04「In N'y A Pas De Orchestre」

静寂の宇宙のような空間、そのまま05「Tetraedycai Fluctuating Faster Than The Speed Of Light」へ

 

08「Tigersuit」

完成度の高いリフ、その後も展開も Raeinならではといった印象。

 

全曲通して1つの作品という印象を持った。

 

ボーカルとギターのタイミングの良さや声質との相性も好きだし、

2度や6度の幻想的な音の流れが心地よい。

 

静と動の繋ぎもありきたりではなく、完成度が高く

オリジナリティがある。

 

 

 

歌詞が知りたいなー